美容師にも愛用者が多いというハーブガーデンシャンプー。

髪のプロである美容師が使っていると聞くと安心して使えそうですが、どんな成分を使っているんでしょうか。

ハーブガーデンシャンプーの成分を解析するとどのような有効成分が配合されているのかを見てみましょう。

◆洗うための成分は?

ハーブガーデンシャンプーの洗浄成分として挙げられる一部の成分としては「ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK」という成分です。

これだけ見てもあまりピンときませんが、これらの洗浄成分からいえることは「ハーブガーデンシャンプーは強い洗浄成分でサッパリ洗い上げるというよりは、やさしい洗浄成分でしっとり洗い上げる」ことを重視しているということです。

低刺激を意識した、ベビーシャンプーに配合されているような成分を使用していることが特徴です。

ですが、もちろんそれだけではなく複数の成分を使用しているため、洗浄力が弱すぎずやさしく洗うことができます。

脂性だからさっぱりしたい、という方だと物足りなく感じることがあるかもしれませんが、乾燥しやすい、頭皮が弱いからやさしく洗えるものがいいという方にはうってつけといえます。

◆髪をきれいにするための成分は?

髪をきれいに保つための成分の一例として、ハーブガーデンシャンプーは「フムスエキス(フルボ酸)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、加水分解シルク」などの成分を配合しています。

やっぱりこれだけ見てもよくわかりませんが、それぞれの成分に下記のような効果があります。

<ハーブガーデンシャンプーに含まれる有効成分の効果>

フムスエキス(フルボ酸):頭皮のターンオーバーを整えて頭皮環境を改善する

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア):髪のダメージを補修する成分

加水分解シルク:髪を保湿し、ハリやコシ、ツヤ感を上げる

特に、こちらでご紹介した、ダメージ補修成分のジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)という成分には「1分で髪に浸透する」「洗い流したあとも髪に残る」という大きな特徴があります。

すぐに浸透して洗い流したあとも髪に残り、補修をしてくれるというのはかなり心強いと言えますね。

ハーブガーデンシャンプーの有効成分について調べてみました。

ハーブガーデンシャンプーの大きな特徴として「100%天然成分なため自然に分解されて水に戻る」ということがあります。

自然にも影響せずやさしい成分で、髪をやさしく洗い上げてみてくださいね。

⇒⇒⇒ ハーブガーデンシャンプーの公式サイトはこちら!

 

.