やさしい洗いあがりが人気で、満足度90%を達成しているハーブガーデンシャンプー。

効果的に使える使い方を知っておくと「あれ?思ったように洗えない…」「期待外れ…」と考えることなく安心して使うことができます。

ハーブガーデンシャンプーのより効果的な使い方を知っておきましょう!

◆ハーブガーデンシャンプーの効果を高める事前の準備!

ハーブガーデンシャンプーで洗う前にしておくといいことがあります。

といっても、難しいことではなくて、本来はどんなシャンプーをする前にもしておいたほうがいいシャンプー前の準備です。

1、乾いた状態の髪をよくブラッシング

これから濡らしてシャンプーするのにブラッシング?と思うかもしれませんが、これは大切な工程のひとつです。

ブラッシングをすることで、ホコリなどの乾いた汚れを落とす効果、髪のもつれをとかすことでシャンプー中に髪が絡まってダメージになってしまうのを防ぐことができるんです。

濡らしてからブラッシングをすると髪を傷めやすいので、乾いた状態のうちにブラッシングをしましょう。

2、たっぷりのお湯で髪を湯洗いする

シャンプーをつける前に髪を「濡らす」という感覚でシャンプーをしていないでしょうか。

濡らすのではなく、事前にお湯で髪や頭皮を洗うというのが正しい方法です。

実は、シャンプー前のこの湯洗いでだいたいの髪の汚れが落ちるともいわれているほど、湯洗いは大切なんです。

特にこの段階で整髪料などをしっかり落としていないと、ハーブガーデンシャンプーを使用したときに「泡立たないなあ」と感じてしまうことがあるようです。

お湯で髪を濡らすのではなく、湯洗いをすることを心がけましょう!

◆正しいシャンプーの方法は?

ブラッシングと湯洗いを済ませたら、実際にハーブガーデンシャンプーを使った洗髪をしていきましょう。

3、ハーブガーデンシャンプーを泡立て、爪を立てないように頭皮を洗う

ハーブガーデンシャンプーはナチュラルな素材を使用していることから、人によっては「市販のシャンプーより泡立ちが悪い」と感じる場合があるようです。

いっぽう「オーガニックなのによく泡立つ」という口コミもあり、人それぞれで感じ方が違うようです。

シャンプーは泡立ててから使い、頭皮のマッサージをするイメージで、指の腹を使って頭皮を中心に洗います。

湯洗いで髪の汚れをだいたい落としているので、この段階では頭皮を洗うことに意識を向けましょう。

髪の毛は、手ぐしで何度か通す程度でも十分洗えています。

4、たっぷりのお湯ですすぎ、水気をとる

シャンプーのすすぎ残しがあるとかゆみやフケの原因になります。

天然素材のシャンプーといっても、ハーブガーデンシャンプーもたっぷりのお湯できちんとすすぎましょう。

コンディショナーは髪の水気をしっかり取ってから、毛先を中心につけ、頭皮にはつけないようにしましょう。

◆正しい使い方で効果を実感!

ハーブガーデンシャンプーの使い方を解説しました。

特に事前のブラッシングと湯洗いは気持ちよく洗うためにとても大切です。

参考に、ぜひハーブガーデンシャンプーで髪を洗ってみてくださいね。

⇒⇒⇒ ハーブガーデンシャンプーの公式サイトはこちら!

 

.